埼玉県川越市のインプラント情報


成功するインプラントとは|診査・診断

インプラント治療で欠かせないことは、事前の精密な診査と診断です。骨の密度、厚さ、歯肉の状態、神経の位置、などなど精密な診査が必要です。 かつてはこういった診査を一般歯科用のレントゲンだけでおこなってきました。
もちろん骨の状態がよい場合はこれで十分ですが、そうでない場合は暗闇を手探り状態で進むことと同じで、非常に危険性の高い手術となってしまいます。 そこで最近では、インプラント診査のためにCT撮影とコンピューター解析を行うようになってきました。
通常のレントゲンは立体(3次元)である人の体を、平面(2次元)でうつしだします。
これだと、あごの骨の高さ、横幅はわかりますが、厚みはわかりません。
一方、CT撮影は3次元でうつしだすことができるため、あごの骨の高さ、横幅、厚み、密度まで、正確な数値で診断ができます。 CTは医科領域でははるか昔から使われていましたが、最近になって歯科領域にも応用されるようになりました。
このCT画像をインプラントシュミレーションソフトで解析することで、通常のレントゲンではまず知ることのできない顎の骨の形態を、非常に正確に把握し、適切なインプラント診断ができるようになりました。
CT画像とインプラントシュミレーション